サバ休シアター

自家製サバティカル休暇の記録

もう一度空へ

自由に旅行へ行けるのは長期休暇の最大のメリットとも言える。会社に行ってた頃は休みが取れる範囲が自然と旅行日数となっていた。ところが、現在は事実上、制約はほとんどない。

ただ、現在の円安・物価高で費用が嵩むのが厄介である。実際、今回は飛行機代とホテル代だけでiPhoneの最新機種が数台買えるほどだし。

とは言え、時間・お金・気力が揃うことは人生に於いて極めてレアである。行けるうちに行くのが鉄則であろう。

それにしてもCOVID-19による規制は長かった。鎖国は江戸時代のものと思っていたけど、21世紀の現在でも公然と行われるとは予想外である。水際対策を強化しろ!という世論が多数だったし。どうかしてるだろう。

コロナもそろそろいいんじゃない?と思っていたら今度はロシアが蛮行に及んだ。おかげでサーチャージはダダ上がりだし、欧州に行くには迂回をせねばならん。

個人的には台風が直撃して、2年連続上海に行けなかった。

risetodayet.jugem.jp

今回はそのリベンジも兼ねている。

そういうことで、色んな壁を乗り越えて最上級の「やっとこさ」を迎えている。今週末は国境を越えて北緯40度を闊歩しているだろう。

 

<今日の1枚>

2014年、ロンドン・ヒースロー空港にて。

「飛行機おじさん」は何かと揶揄されるが、空港は非常にワクワク感が高まる場所だろう?

お仕事小説

読書の秋と言うが、本は季節を問わずに読むもんだろう。

時間がたっぷりできたので色々読むつもりだったが、会社へ行ってる時とあまり変わらないペースのような気がする。優先順位の問題だろうか。

読んだラインナップを見返すと、小説に限って言えば所謂「お仕事小説」と呼ばれるようなジャンルを前に比べて読んでいることに気付いた。ということで、ここ何カ月かの間に読んだお仕事小説を3作品ご紹介しよう。

 

①家康、江戸を建てる(門井慶喜

小田原征伐(1590年)の後に徳川家康豊臣秀吉より関東転封を命じられる。本作は当時、湿地帯で東国の片田舎だった江戸を各種土木工事で大都市に変化させていく様を描く。家康というより職人や役人の働きっぷりがいきいきしている。

www.amazon.co.jp

空飛ぶ広報室有川浩

航空自衛隊の広報室が舞台。広報とは、自衛隊とは何ぞやがよく分かる。各章のエピソードはどれも興味深いが、最終章の東日本大震災とその後の話は胸に迫るものがあった。

www.amazon.co.jp

➂この世にたやすい仕事はない(津村記久子

失職した主人公がハロワで紹介された色々な仕事をやっていく話。当初の探り探りの段階から、仕事に慣れ、段々面白くなったり飽きてくる様がリアルを感じる。

www.amazon.co.jp

さらに「本日は、お日柄もよく」(原田マハ)や「組織に埋れず」(高杉良)も面白い。高杉良作品はモデルが実在なので、小説の体を成したドキュメントとも捉えられる。

時間がある現在、アホみたいに読書に没頭したいな、と改めて思う次第ですわ。

 

<本日の1枚>

2019年のGWに行ったアメリカ・ダラスのデニーズにて。

パスポートよりも大きなTボーンステーキはファミレスながら美味しくいただいた。

今、困っていること

早いもので最終出社日から2ヶ月以上、真正無職になってから1ヶ月半が経った。本当にあっという間だわ。

既存の枠組みから外れる、つまり会社員としての生活から離れることには期待と不安が入り混じっていた。

期待としては以下である。

  • 時間が自由になる
  • やりたいことができる

不安に関しては下記の通り。

  • 生活が乱れる
  • 将来に対する不安が消えない
  • 孤独に苛まれる

結論から申し上げると、期待については時間はたっぷりあるものの、やりたいこと&やるべきことが多すぎて消化できない。なんなら時間が足りないぐらい。

不安については意外に精神的に安定しているし、生活の昼夜逆転もない。アラームなしで寝起きできるのは人として自然な姿のように感じる。

 

地味に困っているのは曜日感覚が消滅したこと。特に月曜から金曜までは「今日は何曜日だっけ?」と5分に1回ぐらいカレンダーをチェックしているほど。

また、基本的にずっと家にいるため、電気代が昨年の倍近くなった。数時間の外出ならエアコンは付けっぱなしなので月単位でエアコンがオンのままである。

時間もたっぷりあることだし、と思って申し込んだアルクヒアリングマラソンであるが、テキストの消化に追われている。自由の身なのに何故時間に追われているのか。。。

www.alc.co.jp

そんな感じでターゲットを絞らないと、色んなタスクで溢れてしまう。

お金と時間のご利用は計画的に、である。

 

<本日の写真>

2011年のGWに訪れたロンドン橋。

女王崩御の際の段取りは予め決められていたんのね。この辺の事前計画はさすがだわ。

変身資産 / 転身力

前回・前々回で無形資産について諸々述べてきた。今回は残されたカテゴリーである「変身資産」について考える。

 

3ステージ(教育-仕事-引退)の生き方が難しくなるのであれば、または将来的には崩れ去るとすれば、途中で仕事を中断して新たなスキルを学び直す必要性が高まる。(生産性資産の回復)テクノロジーの変化や産業の新陳代謝が高まることも予想される。

はたまた働き過ぎて健康を害するのであれば、復活させねばならない。(活力資産の回復)

そのために人生の途中で変化し、新しいステージに移行する意思と能力が変身資産である、とライフシフトでは書かれている。

移行を成功に導く要素は以下の3つ。

 1.自分への理解 - 自分は何が得意か、自分の将来をどうしたいか(どうしたくないか)など

 2.新たなる人的ネットワーク - 既存の人間関係内では新たなステージへ進みにくい

 3.新しい経験への積極姿勢 - 新しいステージへ向かう行動力

 

この3つの要素は奇しくも、「転身力」で転身の3条件として書かれていることに近い。

www.amazon.co.jp1.自分を語る

2.実行、行動ができる

3.主体的である

 

ということで、変化/転身するためには自分を知って、積極的にあれこれ行動することなんだろうな。

 

<本日の写真>

2011年のGWに行ったバッキンガム宮殿。

エリザベス女王が亡くなったのは本当に驚き。2日前まで新旧首相に会ってたのになぁ。心よりお悔やみ申し上げます。

続・無形資産を考える

活力資産は主に健康問題である、と前回書いた。

健康と言っても、肉体的なものと精神的なものがある。後者に関して、家庭内もしくは職場での人間関係が良好か否かという問題と言える。

いかに仕事が順調でも、家庭内不和が慢性化していると生活に影を落とすだろう。反対に家族間の関係が良好でも、職場にクソな輩がいるとストレスが溜まるだろう。

精神的に健康でいられる人は実に恵まれていると思う。

さらに「ライフシフト」では友人の存在もまた活力資産だと書かれている。確かに利害関係のない友人や仲間がいることは多かれ少なかれ精神的な安定に寄与すると思われる。

次に生産性資産。

これは分かりやすくてスキルや知識が該当する。昨今の「学び直し(リスキリング)」はまさにこの資産を社会として、また企業として変えていきましょうという動きである。

ライフシフト」によると仲間や評判もまた生産性資産だと書かれている。

仲間について言えば、アホな同僚が多い職場と頭の回転が速い同僚が多い職場だと、明らかに後者の方が生産性が高く、仕事がしやすい。

評判は言うなればブランドである。出身校や勤め先の評判が良ければ信頼性は増す。また、何かしらの賞を受賞したとか、本を出版したとか、SNSのフォロワー数など箔が付く方は色々あると思う。

 

変身資産はまた次回だな。

 

<本日の写真>

2017年2月に訪れたスウェーデンストックホルムにて。

ストックホルム市庁舎前の様子。

無形資産を考える

ライフシフト」には無形資産についての記述が比較的多かった。

長く生きると考えると、どうしても有形資産、つまりお金関係の話が欠かさせない。

実際「ライフシフト」でも有形資産にも触れられており、長く生きる際の貯蓄シミュレーションも紹介されている。

 

ただ、無形資産に目を向けよう、という趣旨は比較的斬新だと感じた。

無形資産って何?という話になるが、同書から抜粋してみよう。

カテゴリーとしては以下の3つに分類されている。

  • 生産性資産 - スキルや知識、評判
  • 活力資産 - 心身の健康、人間関係
  • 変身資産 - 自分に対する知識、人的ネットワーク

この中で昔から重要視されているのは活力資産、つまり健康問題であろう。

中年になると大抵どこかが悪くなる。仲間内の集まりでも病気の話は増えてきた。

さらには昔より酒に弱くなった、痩せにくくなった、食べ放題にときめかなくなった、アイドルが皆同じ顔に見える、等々、「もはや若者でない」を感じる発言は増えてきている。

 

ましてや高齢者ともなれば、不健康自慢大会になると聞く。

長生きしても不健康ならマジ勘弁でしょ、と思うのは自然な発想ではないかと思う。

(だから健康ビジネスが活況になる)

 

生産性資産と変身資産については次回以降で書くことにしよう。

 

<本日の写真>

マリンピア神戸から見た何年か前の明石海峡大橋

急に涼しくなり、夏の終わりを感じる。

人生100年時代

前回、「学び直し」のテーマで軽く触れた「人生100年時代」。

これもメディアで最近よく登場するキーワードである。

 

そんなに長く生きても仕方なかろう。死ぬに死ねない方がイヤだわ。

おまけに年金で財政を圧迫するわ、シルバー民主主義が蔓延るわ、老いる国に明るい未来などあるもんか。

かつては夢だった長寿であるが、正直なところネガティブなイメージしかなかった。

 

そんな折、話題の書である「ライフシフト」(2016年)を読む。

www.amazon.co.jpなるほど、人生100年時代ブームの発端はこの本にあるのだな、という感じがした。

おおよその要旨は以下の通り。

  • 皆さん、思った以上に長生きしますよ
  • 教育→勤労→引退の3ステージではちと厳しいですぜ
  • 有形資産のみならず無形資産にも目を向けましょうね

他にも色々書いてあったが、抜粋するとこんな感じ。

概ね、なるほどなーと思うことが多かった。

レビューの中には「本当に書いてあるように長生きするか怪しい」という感想もあり、それはその通りのような気がする。

しかしながら、従来の3ステージからマルチステージ(勤労の途中に教育を挟む、など)へ移行する予想は会社を辞めた自分には非常に都合が良い。

途中に教育を挟むの前回書いたように「学び直し」が該当するし。

予想というより大枠で時代は移ろいでいるのではないか、と感じる次第である。

 

<本日の写真>

2009年9月に訪れた鎌倉。

「鎌倉殿の13人」は源頼朝が亡くなってからが面白い。